肌を降り注ぐ紫外線A波と紫外線B波は、人間の肌にどういった影響を与えているものなのでしょう。紫外線A波を浴びた肌は日焼けをし、しわやたるみが目立つようになります。

即効性のある日焼けは紫外線B波です。ガラス窓や雲でも、紫外線を完全に防ぐことはできませんので、家の中にいても紫外線の影響は避けられません。たとえ雲が空を覆っている時でも、紫外線から皮膚を守る必要があるわけです。紫外線B波にさらされた肌は、赤く腫れたり、色素沈着が起きたりします。UVBは波長が比較的短いために真皮層にまで到達することはありません。しかし表皮への影響が強いために、数時間後に肌が赤くなってしまうこともあります。しみやそばかすの原因になる、メラニン色素がUVBによって増加することがあります。人の皮膚は、一見しただけではわからずとも、徐々に紫外線の変化を被っています。加齢による変化だと思いきや、実は紫外線による光老化であることもあります。紫外線からお肌をガードするためには、相応の方法があります。紫外線を通さないサングラスや衣類、日焼け止め効果があるスキンケアクリームやファンデーションなどが役立ちます。夏場でも紫外線に肌を長時間さらすことがないように、衣服をチョイスするなどの工夫が大事です。
ヴァイナス美容液