「最近なんだか記憶力に自信が無くなってきたなぁ…」そんな風に不安を感じはじめたら、ぜひ意識してもらいたいことを▲つ紹介します。
年をとってからも記憶力が衰えない人は、意識的にしろ無意識にしろある特徴がみられると言います。

1.「覚えよう!」というポジティブな意欲をもつ
毎日「どうしよう、だんだん覚えることができなくなってきた」「もう無理だ。覚えられない」「年だから…」とネガティブな思い込みばかりしていると、「記憶しよう」というスイッチが入りません。
苦手意識は横に置いておいて、まずは「覚えたい」「覚えてみよう」という積極的な意思が大切です。

2.1度で覚えようとしない
記憶は「繰り返す」ことでより定着するという脳の性質を利用しましょう。
1度覚えたからとそのまま放置した状態では、短期記憶からそのまま消え去ってしまいます。
繰り返すことで短期記憶から長期記憶へと移行するので何回でも繰り返してみましょう。

3.メモをとる癖をつける
記憶は徐々に失われるものではなく、「初期段階で急激に失われる」ということが研究で明らかにされています。
メモに書き留めておくことで「見返す」ことは記憶を呼び覚ますことになります。
つまり、つまりは自然と繰り返すことができるんです。

このように意識付けすることで記憶力の低下はある程度避けることができます。
ただ、それでもやっぱり不安…という方は「世界一受けたい授業」でもとりあげられていたホスファチジルセリンという成分を摂取するのも良いかもしれません。
ホスファチジルセリン配合のサプリメント【アルツブロック】は実際に医療機関でも採用されているサプリメントです。
1か月間無料で、しかもいつでも解約できるので気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。