急に汗が噴き出したり、気分が落ち込んだり・・更年期の症状はつらいものが多いですよね? 更年期障害は45歳頃から50歳前後になる女性がなりやすい症状で、40歳代の前半から発症する人も多くいるといわれています。

更年期障害になる仕組みは、女性の閉経が大きな影響を与えているのが特徴です。女性特有の月経が閉経すると、女性ホルモンのバランスが大きく崩れてしまいます。エストロゲンと呼ばれている女性ホルモンが、閉経を境に分泌される量が減少してしまい症状を発症するのが更年期障害の仕組みです。

女性ホルモンのエストロゲンは、体の機能の調節に欠かすことのできないものの一つになります。年齢を重ねていくと女性ホルモンのバランスが崩れてきてしまうため、脳から卵巣に対して盛んに分泌するように指示が送信されるのが特徴です。この信号が脳の他に部分に対して興奮状態を促進させるので、自律神経が乱れてきます。

年齢を重ねていくと女性ホルモンの調節が上手くいかなくなる事で自律神経が乱れ体のバランスが崩れてしまうのが、更年期障害を発症する仕組みです。女性である限り避けて通れない更年期ですが、できる限り症状を軽くするためにも、女性ホルモンを活性化させる栄養素などを十分とることが必要になってきます。

とはいえ、そんなにたくさんの食品を毎日とることは大変なのでサプリメントや健康ドリンクなどが見直されています。
そういう意味では、はるか昔チンギスハンの時代からモンゴルで珍重されてきたサジージュースも最近では女性誌で頻繁に見かけるので良いのかもしれません。