共依存症は、人間関係に依存するタイプの依存症です。

自分を大事にしたり、自分自身の事に向き合うのではなくて、大切な人の問題ばかりを気にして、その人のしりぬぐいなどをするといいうタイプの依存症です。

ユーグレナ「マイヘルス 遺伝子解析サービス」の評判では、たとえば、身近な人が無責任をした場合には、自分は本来関係がないのに、その人に代わって責任を取ろうとします。そしてその結果が、本人は何ともないのに、自分だけが被害をこうむってしまうというタイプの依存症です。例えば共依存症の症状としては、どのような症状があるのかというと、自分を犠牲にしてまで、誰かの人助けをしたり、世話をしたりします。例えば夫が全然働かないのに、それに対して責めることなく、自分は身を粉にして働くというようなこと、本人が借金をしてきたのに、関係のない自分が一生懸命働いて借金を返すといったようなケースがあります。また他の人のとった行動や感情、結果を自分が何とかして変えてあげようと思うというのも、共依存症の症状の一つです。平穏の生活を送ることもできず、何か問題が起きている方が、なんとなく生きがいを感じるというのも、症状としてありえます。意外と強い面を持っていると感じとれるのですが、実はかなり人に対しての依存心が強いために、自分一人でやっていけるかどうかという点については、自身がないというのが特徴です。人に流されやすく、断れない性格の人にも多く、共依存症の症状が出やすいとも言われています。恋人に対しての人もいれば、親や子供に対して依存する人もいます。